沿革

1969年 (昭和44年) 8月創業者の野澤進が高岡市横田町にて金型製造業を創業
1971年 (昭和46年) 3月資本金100万円を以って、有限会社シグマ工機を設立
1971年 (昭和46年) 8月高岡市辻228番地、現在地に移転、新工場を建設
1973年 (昭和48年) 9月第二次工場増設及び金型部門に放電加工機導入
1974年 (昭和49年) 10月資本金500万円増資
1977年 (昭和52年) 8月資本金1,000万円に増資、ワイヤーカット放電加工機導入、金型部門の合理化実施
1980年 (昭和55年) 5月資本金1,500万円に増資、事務厚生棟建設
1982年 (昭和57年) 1月金型設計製造合理化のためCAD.CAM導入、同時にマシニングセンター導入
1983年 (昭和58年) 2月CAM部増設のため自動プロ、マシニングセンター2号機導入
1986年 (昭和61年) 3月株式会社シグマに社名変更
1986年 (昭和61年) 11月金型専門工場建設
1987年 (昭和62年) 5月CAD/CAM 3台増設
1991年 (平成3年) 9月CAD/CAM 2台増設、マシニングセンター 2台増設
1993年 (平成5年) 10月プレス部門増設のため、80tプレス60tプレス導入
1994年 (平成6年) 9月野澤朱美が代表取締役社長に就任
1997年 (平成9年) 11月3次元測定機導入
2001年 (平成13年) 8月ISO9001取得
2003年 (平成15年) 9月NC成形研削盤導入
2005年 (平成17年) 9月プレス部門増設150tサーボプレス
2006年 (平成18年) 10月金型工場建設、マシニングセンター 1台増設
2008年 (平成20年) 3月NC成形研削盤 1台増設
2008年 (平成20年) 10月ワイヤー放電加工機 1台増設
2009年 (平成21年) 3月CAD/CAM 1台増設
2010年 (平成22年) 9月3次元自動測定機導入
2013年 (平成25年) 7月プレス成形シュミレーション機能付3DCAD導入
2013年 (平成25年) 12月CNC画像測定機導入
2014年 (平成26年) 1月マシニングセンター増設
2014年 (平成26年) 12月高精度ワイヤー放電加工機 増設
2015年 (平成27年) 4月CAD/CAM 1台増設
2015年 (平成27年) 5月塚原昇が代表取締役社長に就任
2015年 (平成27年) 9月CAE 導入
2015年 (平成27年) 9月表面粗さ・輪郭形状測定機 導入
2016年 (平成28年) 10月プレス部門増設300tサーボプレス
2017年 (平成29年) 3月CAD/CAM 1台増設
2017年 (平成29年) 6月レーザーマーカー導入